浸透固化注入 マルチストレーナ工法
支える 守る つなぐ

 マルチストレーナ工法は、独自に開発した注入外管(マルチストレーナ管)から一定圧力・量の注入材を吐出します。柱状浸透源を確保することで、大きな吐出速度による浸透注入を可能にしました。また「一次注入+二次注入」を行う機構も有しています。

特徴

1)柱状浸透を主体とし、広い注入孔間隔を大きな吐出速度で注入できるため、単位改良土量当たりの掘削本数が少なくて済み、注入時間も短縮できます。

2)注入効果に対する信頼性の高い工法です。

3)浸透注入を主体とするため、隆起など近接構造物等への影響が極めて低い工法です。

4)3D注入システムとの組み合わせにより、確実な施工及び施工管理が行えます。

用途

・既設構造物直下地盤の耐震補強(液状化対策、地盤強化等)
・護岸の吸出し防止・補強
・トンネル掘削工事に伴う補強
・立坑底盤部の盤ぶくれ、ボイリング防止