狭隘地でも施工が可能 地盤改良 様々な地盤条件や施工環境に応じて地盤注入、高圧噴射、地盤強化・沈下修正などに最適な工法をご提案。

  • 地盤注入
  • 急速浸透注入
  • 高圧噴射
  • 機械撹拌(深層)
  • 機械撹拌(中層)
  • 締固め
  • 圧密促進・熱処理

地盤注入

 地盤の透水性を減少させること、地盤の強度を増加させることにより地盤安定性を向上させる地盤注入工法は、トンネル掘削や地下掘削には不可欠な補助工法です。また近年では、既設構造物直下の液状化対策工法としても実用化されています。

グランドフレックスモール®工法

グランドフレックスモール®工法
支える 守る つなぐ

 グランドフレックスモール工法は、誘導式自在ボーリング技術とセルフパッカ方式の注入システムを組み合わせた新しい地盤注入技術です。既設構造物直下の地盤強化を施設の運用を妨げることなく効率的に行うことが出来ます。

  • 技術解説
二重管ストレーナ工法

二重管ストレーナ工法
支える 守る つなぐ

 薬液注入工法の中では、最も一般的な工法で、二重管ロッドで削孔、注入を行います。一次注入(瞬結ゲルタイム)と二次注入(緩結ゲルタイム)を各ステップ毎に繰り返し、均質な改良体を形成し、地盤の止水や強化を図る工法です。

  • 技術解説
ダブルパッカ工法

ダブルパッカ工法
支える 守る つなぐ

 薬液注入工法の中では、より信頼性の高い改良効果が期待できる工法で、緩結ゲルタイムを持つ注入材を低吐出で地盤に浸透させ、均質な改良体を形成します。地盤変状が起きにくいことから、鉄道や重要構造物近傍での施工も、安全に行うことができます。

  • 技術解説
スリーブ注入工法
ダブルストレーナ−工法
動的注入工法

動的注入工法
支える 守る つなぐ

 簡易な装置を用いて注入速度や圧力を動的に変化させることにより、薬液の逸散や脈状化を抑制し、所定領域内に高品質な改良体を形成する工法です。

・特徴
従来の設備に、ごく簡易な装置(波形発生装置)を付け加えるだけで実施可能です。

・用途
ほぼ全ての薬液注入工法に適用可能です。