設計から、施工、維持管理まで対応 斜面安定 当社は、独自技術であるソルネイリング工法、種々のグラウンドアンカー工法、法面保護工法で設計から施工、維持管理まで多くのニーズに対応できる体制を整えています。

地山補強土・補強土壁

ソイルネイリング®工法

ソイルネイリング工法
支える 守る つなぐ

 ソイルネイリング工法は、地盤中に多くの補強材(ネイル)を打設することによって、地盤の変形を拘束して斜面安定をはかる工法です。

  • 技術解説
ハイスペックネイリング工法

ハイスペックネイリング工法
支える 守る つなぐ

 ハイスペックネイリング工法は、袋体を有した比較的短い補強材を、土中に多数挿入することにより、切土法面や土留め全体の安定性を高める工法です。

  • 技術解説
エアグラウトドリル工法

エアグラウトドリル工法
支える 守る つなぐ

 エアグラウトドリル工法は孔壁の自立しない地山に対して、削孔ロッド先端からエアとグラウトを霧状噴射し孔壁の安定を図りながら長尺削孔(10m)を可能とした工法です。

永久アンカー

永久アンカー工法

永久アンカー工法
支える 守る つなぐ

 永久アンカー工法は、安定地盤に定着された引張り材の引抜き抵抗力で斜面崩壊などを抑止する工法です。斜面や構造物の安定、地滑り対策などに幅広く用いられています。

  • 技術解説

のり枠、受圧板

法枠(型枠)、受圧板(FITフレーム工法)

フリーフレーム工法
支える 守る つなぐ

 フリーフレーム工法は、地山に合わせて自在に変形する金網型枠を使用し、モルタル吹付けによってのり枠を構築する工法です。切土のり面や自然斜面などあらゆるのり面に対応可能で、のり面の安定化や保護が図れます。

・特徴
枠断面やスパンが選択できます。
周辺環境(木本類)との調和が図れます。

・用途
あらゆるのり面
崩落したのり面復旧

法枠(型枠)、受圧板(FITフレーム工法)

フィットフレーム工法
支える 守る つなぐ

 フィットフレーム工法は、フィットフレーム型枠に鉄筋を組み、システム化した現場打ちコンクリート枠工で、アンカー受圧板として使用される工法です。コンクリート打設時、フィットシートが地山の凹凸に沿って密着し均等な反力が得られます。

・特徴
凹凸のある斜面でも施工できます。
枠重量が軽く、運搬設置等施工が容易にできます。

・用途
アンカーを必要とするのり面

[その他工法紹介]
植栽フレーム工法
D&Sアンカー工法

法面緑化

植物誘導吹付け工法